無限未来の活動

最新情報はこちらから

  1. HOME
  2. 無限未来の活動
  3. 上越高田・旧今井染物屋で古代文字を学ぶ

上越高田・旧今井染物屋で古代文字を学ぶ

7月13日 早朝につくばを出る。

無限未来にとって怒涛の2日間の始まり。

たくさんの人に古代文字を知ってもらい、学んでもらい、体験して頂きます。

単なる象形文字ではない、漢字の成り立ちを一緒に楽しみながら知ってもらう為の2日間の始まりです。

最初の誤算|д゚)早めに出たのに…


関越に入った途端の渋滞。

なんと!世間は3連休のスタートだったようで、

かなりの車の量に、もしかしたら遅刻か?とドキドキしていました。

でも、早め早めのスタートが無限未来のいいところでして。

予定より1時間遅れで長野県千曲市稲荷山に到着しました。

ここで、荷物と代表雲炎率いる長野組のメンバーを降し、一路新潟上越へ!!!

上越駅近辺の不思議な街並みに心躍る事務局(笑)


メインストリートを走っていると、

昔の商店街のアーケードのような街並み。

車を停めて歩いてみると、道路からお店や個人のお宅の前は綺麗な歩道になり、

アーケードと思っていたのは、その各々のお店や個人のお宅の2階を支える柱でした。

しかも、この歩道に見える通路。

完全なる個人の土地なんだそうです。

私有地。

なぜこのようになっているのかというと、

雪深い新潟。

雪が2階にちかく降り積もると歩く場所がない。

なので、このように私有地を開放?して、どうぞお歩き下さい。

という事なのだそうです。

これを「雁木造り」といって、上越高田の宝物と言われる街並み「雁木通り」です。

積雪期においても通りを往来できるように開発されたもので、連なった民家や商店街の店が軒を延長して、(ひさし)を道路側に突き出すような格好で設けていることが多い。雁木の名の由来は、(ガン)が群れをなして空を飛んでいる様に似ていることから名づけられたものである[1]。従来はその名の通り木製が大半を占めたが、最近はそれ以外も出てきた。豪雪地で考案された雁木の特徴は、積雪期の道路の交通障害を回避し、積雪時においても生活路が確保できる長所がある一方で、採光性が悪いという短所がある[1]。雁木の下は公道ではなく私有地であり、その地権者は地域の共有財産だとして無償で敷地を提供して、第三者の利便のため交通利用させている[1]

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

そんな他人にも優しい街の旧商家でワークショップ開始


上越高田でヨガをされている、梨世の妹さんのツテでお借りする事になった、

旧今井染物屋さんの見事な建物の中で、7名の方をお迎えしてスタートしました。

イベントの流れを説明しながら、

古代文字についてのお話をしていきます。

古代文字は、単なる象形文字ではない事、

書かれてきた文字には、色々な意味や感情があることなどを梨世が丁寧にお話ししました。

参加された方は、とても興味深く辞書をくくりながら、

ご自身の今現在の想いを込めた文字を選んでいました。

楽書®のスタートは、ヨガを取り入れたことからでした。


梨世が自分自身の書の在り方を問い始めた時、ヨガが身近にありました。

ヨガで心身と向き合い対話する事で体を動かし、心や体がほぐれたところで筆をもつと、

自分自身の想いが全てそこに表現出来る事に気づきました。

楽書®の一つの考え方となりました。

今では、ヨガで習った呼吸法、瞑想を書に向き合う前に取り入れる事をしています。

今回、参加者の青年にそれを試して頂きました。

ひと文字ひと文字、背筋をのばして、ゆっくりと呼吸をしていきます。

自分の書きたい想いがそのまま筆に伝わるように、書き始めます。

書き終えた時の満足そうな笑顔は、とてもまぶしかったです。

様々な想いをTシャツにこめて、明日が楽しみ!


雲炎の生徒さん親子が、

茨城から旅行がてら参加して下さいました。

梨世のレッスンを受けてみたかったという、なんとも嬉しい参加者!

そして、明日の観光に着ていくワンピースに、

観光=歩く

人生=歩く

という事で、上から下まで、、、いや、下から上まで登るような「歩」を書いてくれました。

娘ちゃんは、羽ばたく、

羽がはえたように色々な土地を見て歩く、、、かな?

「羽」

という文字を書いていました。

自分の作品の発表もしてみました!


最後は、会場となった「旧今井染物屋」の管理をされている、

関さんと山崎さんのご厚意で美味しいコーヒーをご馳走になりながら、

自分の作品をなぜこの文字を選んで、そのデザインで書き上げたのかを発表しました。

茨城からの親子の作品をみて、

ご自身も楽しい想いをワンピースに込めて、

「歩」と「笑」

を組み合わせた、なんともウキウキしてしまう文字を書かれた女性は、

本当に「ニコニコ笑顔で歩くをイメージしました!」と楽しそうにご自分の作品をアピールして下さいました。

ヨガの先生でもある梨世の妹さんは、

ご自身の教室の生徒さんにと、「光」や「結」など、

とても素敵な文字を選ばれていました。

妹の特権!!!

梨世に何枚か書かせていました(笑)

それを必死な面持ちで見つめる書家の卵の青年参加者。

彼は、どんどん上手になるでしょうね。

今回、お友達の為の1枚も書いていました(優しい気持ちもgood!)

そして、最後に記念撮影。

ピンボケで失礼します<m(__)m>

旧今井染物屋さんも素晴らしい建物でした。


旧今井染物屋さんの模型です。

旧今井染物屋さんの情報はこちら

染物屋としての道具なども残っていました。

あまり写真を撮れなかった(*´Д`)

オリジナルのTシャツが掛けられた中庭に繋がる縁側。

 

  

2階へ続く入り口は狭く、でも屋根裏は明るく広く、

ワクワクする秘密基地のようでした(笑)

こんな素敵な場所でイベント開催が出来て、

古代文字・楽書®について知ってもらう機会を下さり、

本当にありがとうございました。

旧今井染物屋を管理なさっている、関さんの記事がこちらにあります⇩

雪都・上越高田の宝物  日本一の雁木雁木通り

関さん、山崎さんにとてもとても感謝です!!!

実はこの後やっちまった事務局井出( ;∀;)


5時間程の滞在で、

急いで長野県千曲市稲荷山に戻ったのですが。。。

高速をひた走り、

稲荷山に着いたので一息つこうとコンビニに。

(´◉◞౪◟◉)

お財布が入ったカバンを旧今井染物屋さんに置きっぱなしで来てしまいました。

翌日お昼まで、無一文で過ごした事務局井出。

山崎さんには特にご迷惑をおかけしてしまいました<m(__)m>

 

新潟を旅する方は、

是非、上越高田、旧今井染物屋さんを訪れてみて下さいね!!!

無限未来の活動

無限未来の活動一覧

無限未来について